ディープラーニング・クラウド・ハンズオン再開します



クラウド・ベンダーの協力を得て、MaruLaboとクラウド・ベンダー・コミュニティとの共催で開催してきた「ディープラーニング・クラウド・ハンズオン」を、7月から、再開します。

最初は、JAWS-UG AI さんとの共催で、7月22日(土)、アマゾン目黒オフィスでの開催です。お申し込みは、今週の火曜日6月22日から開始です。https://jawsug-ai.connpass.com/event/59674/

今回のテーマは、ディープラーニング技術の中で大きな成功をおさめている画像認識技術のCNNです。

現在、Googleさん+TFUGさん、Microsoftさん+JAZUGさんとの打ち合わせが進んでいます。近日中には、こちらの開催予定も、お知らせできると思います。

今回のクラウド・ハンズオンについては、開催の前提として、次の点を確認しました。
・ディープラーニングの初心者向けの学習コースへのニーズは、広く存在している。
・IT技術者のディープラーニング学習には、クラウド環境の利用がもっとも適している。

あわせて、前回までの取り組みの反省を踏まえて、いくつか新しいことを試して見ようと思っています。
・「環境構築とサンプルの実行で終わってしまった」-->
 ハンズオンの時間を延長する。
・「処理の全体の流れがわからない」「個別の処理が何をしているか理解できない」「コードに触っていない」「プログラムを修正・変更してみたい」-->
Kaggle https://www.kaggle.com/ のKernel を使って見ようと思っています。
例えば、今回のJAWS-UG AIさんとのコラボでは、次のものを利用しようとしています。(多少、変更あるかもしれませんが)
Kirill Kliavin氏の"TensorFlow deep NN" https://www.kaggle.com/kakauandme/tensorflow-deep-nn
を教材として利用しようかと思っています。

今後予定のハンズオンでも、プラットホームとしてKaggle を有効に利用したいと考えています。最終的には、学習者が自分で課題を見つけ勉強を進めることができていけばいいと考えています。

最後に、今回は、ハンズオン有料になっています。
前回は、応募者多数で競争率が非常に高かったのですが、当日の参加は6割でした。会費1,000円とするとともに、「キャンセル予定なし枠」と「キャンセルするかも枠」を設けました。学生は、参加無料です。(でも、ドタキャンしないでね)


コメント

このブログの人気の投稿

TPU論文の翻訳(1)

可微分ニューラルコンピュータとは何か(1) 概論

TensorFlow Foldについて