東京に帰る。

週末、友人を案内したのだが、お目当のサロベツ原野のエゾカンゾウが、今年はなぜか全滅だった。何が起きたのだろう? 今年は、5月に雪が降ったりしたので、寒さでやられたのかも。最近、こうした不作の年が増えている。大自然というが、自然は、意外とデリケートなものだ。

でも、暖かい海岸線沿いには、たくさんの花が咲いていた。黄色いのがエゾカンゾウ、赤いのがスカシユリ、白いのは、わからない。ここには写っていないが、真っ赤なハマナスも咲いていた。

本当は、サロベツ原野一面が花で埋まるのだが。残念だ。
もう一つ残念だったのは、友人たちには、海の向こうに利尻山があることを「説明」したのだが、雲しか見えなかったこと。昨日は、写真のように山のふもとだけは見えたのだが。

見えないものの存在を伝えるのは難しい。海に浮かぶ山は、本当は存在しないのだと思っても不思議ではない。

ANAの飛行機に WiFiが導入されていた。嬉しくて、すぐに試した。arXiv の論文をみたり Kindleを使ってみたり。でも、途中で気づいた。乗る前にダウンロードしとけば、飛行機でWiFi使う必要ないなと。1,000円損したみたい。
 
まあ、いいか。

コメント

このブログの人気の投稿

TPU論文の翻訳(1)

TensorFlow Foldについて

可微分ニューラルコンピュータとは何か(1) 概論