Sting 来日

Stingが、久しぶりに日本に来るらしい。

悪人顔だが、Stingが好きだ。ロックのPoliceのころから。バックにジャズマンを使うジャズっぽいStingも。スランプを抜け出した感動ストーリー 付きの"Last Ship"も。

あばたもえくぼ。僕は、ビートルズで英語を勉強したみたいなものなのだが、イギリス人の英語(変な言い方だ)は、会話では聞き取るのが苦手だった。でも、Stingの英語は、ステキに思えた。

Stingのライブ・ステージを見たのは二回だけ。

最初は、80年代の終わり頃だと思うが、ソロになった彼が札幌に来たのを、稚内から聴きに行った。一泊二日の旅。札幌は遠かった。大きなアリーナでStingも遠かった。

二度目は、10年以上前かな。サンフランシスコのJava Oneで。Oracle Open World の客寄せイベントにStingが出ていた。(当時は、確かSalesforceが、Metalicaを呼んだりしていた)

大きな野外会場で、相変わらずStingは遠かった。うしろで、一緒に行った日本の若いエンジニアが、技術的な宗教論争をしていた。「うるさい!」とは言わなかった。うるさいのは、彼らだけではなかったから。

そういえば、この二年ほど、ライブにも国外のカンファレンスにも行ってないなあ。若い人が集まるところからも、オジサン・オバサンが集まるところからも、離れているということか。

きっと、僕は、少し「大人」になったのだと思う。
(などと、バカなことをいってみる)

コメント

このブログの人気の投稿

TPU論文の翻訳(1)

TensorFlow Foldについて

可微分ニューラルコンピュータとは何か(1) 概論