7/31 マルレク予告


次回マルレクを、7月31日 19時から、富士通さんで開催します。
テーマは、「人工知能の歴史を振り返る」です。(先日のABCで行った20分の講演の2時間バージョンです。)

講演概要:

2012年に始まった「ディープラーニング」のブームから、5年がたちました。

ますます応用分野を拡大する人工知能技術が、私たちの生活と未来にとって大きな意味を持つことは、多くの人の共通認識になりつつあります。

同時に、この間の様々な取り組みを通じて、現在の人工知能技術が、克服すべき課題を抱えていることも、明らかになりつつあります。

人工知能の未来を考える上では、現在の到達点を正確に把握することが必要です。また、できるだけ広いパースペクティブの中で、問題を捉えることが重要だと考えています。

講演では、これまでのマルレクで取り上げてきたトピックと比べると、すこし回り道になりますが、あらためて、チューリングから現在までの、人工知能研究の歴史を振り返ってみようと思います。

(写真は、チューリング)

コメント

このブログの人気の投稿

TensorFlow Foldについて

可微分ニューラルコンピュータとは何か(1) 概論

TPU論文の翻訳(1)